スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はじめてのAndroidアプリ開発!最初の一冊はとりあえずコレ!

1.はじめに
こんにちは。
とうとう今年からSE(システムエンジニア)として働き始めることになりました。
SEはいずれプログラミングをする機会が減ると言われていますが、技術力のあるSEを目指したい。あると思います。

そんな人におススメしたいのが「Androidアプリ開発」です。Androidアプリは自宅にPCがあれば開発可能なので、初心者にも敷居が低いです。さらに作ったアプリは簡単にGoogle Playに公開できるので、「ただ作るだけじゃいやだ!みんなに使ってもらいたい!」と思っている人にとってはやる価値大です。

そこで、今日はAndroidアプリ開発を決意した方におススメ参考書の紹介をしたいと思います。
初めての参考書を本屋に買いに行ったときはその種類の多さにびっくりすると思います。何冊も比較をしていると疲れてしまって、選ぶのが面倒くさくなってしまいがちです。

そこで、今日はおススメの参考書を1冊だけに絞りました!
ぜひ購入を考えてみてはいかがでしょうか。



2.参考書の紹介
おススメする参考書は「かんたんAndroidアプリ作成入門 」です。

かんたんAndroidアプリ作成入門 [ 朝井淳 ]



内容を簡単に紹介します。

・この本の良いところは、「新しい」という点です。2013年5月発売なので、どの参考書よりも新しいはずです。Androidアプリはすごいスピードで進化しているため、新しい参考書を購入することを心掛けましょう。

・また、中身も申し分ない内容です。
開発環境の構築(JDK、Eclipse、SDK)からアクティビティやインテントなどAndroid開発の中で肝となる部分の説明まで分かりやすくまとめてあります。

・各種センサー(加速度センサーなど)の説明もあるため、色々な種類のアプリが作れます。

・紹介されているプログラムはインターネットからダウンロード可能です。

・最後の方にはアプリを公開する方法まで紹介しています。



3.こんな人にはおススメできません
最後にこの本の悪い点について書こうと思います。
私が思ったこの本の悪い点は「本のサイズ」です。A5サイズ(縦210mm×横148mm)で厚さが650ページほどあります(300mm強)。参考書をPCの横に置いて、プログラムをしながら学んでいきたい人にとっては不適です。この大きさですと開いて置いておくことは不可能に近いです。




4.おわりに
本日はAndroidアプリ開発初心者のためのおススメ参考書を紹介しましたが、
プログラミングは手を動かすことが一番です!!
まずは行動してみることを強くおススメしたいと思います。
You can do it!!

スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

ABB

Author:ABB
入社3年目のSE。
日々、自分磨き中。
夢は独立!!

~取得予定~
・セキュリティスペシャリスト

~取得済み資格~
・TOEIC(最高):750
・TOEIC(最新):745('16/3月)
・応用情報技術者
・基本情報技術者
・普通自動車免許(MT)
・LPICレベル1('16/2月)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。