スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


時をかける少女 の文庫本

時をかける少女のアニメ映画が結構好きなので、
原作を読んでみました!

作者は筒井康隆という方でもう80才近いみたいです。
それでこの本は昭和51年に発売されたみたいです・・・
かなり古いです。
表現も昭和チックで少し読みづらかったです。

時をかける少女改版 [ 筒井康隆 ]

価格:460円
(2012/11/11 11:31時点)
感想(12件)



感想は・・・映画の方が好きです。
映画化は原作をはしょって作られるのが普通だと思って、
濃い内容を期待してたんですが、
時をかける少女は逆でした・・・。ざんねん

そもそもこの本は短編集で
3つの物語のうちの一つなので、内容薄いのも当然かも・・・


あと3つめの「果てしなき多元宇宙」ですが、
最後が急すぎてビックリしました。
えっ?これで終わり?って感じでした。


なんだかネガティブな感想ばかりで申し訳ありません
そもそも僕は映画好きで小説とか全然読みませんw

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【時をかける少女 の文】

時をかける少女のアニメ映画が結構好きなので、原作を読んでみました!作者は筒井康隆という方でもう80才

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ABB

Author:ABB
入社3年目のSE。
日々、自分磨き中。
夢は独立!!

~取得予定~
・セキュリティスペシャリスト

~取得済み資格~
・TOEIC(最高):750
・TOEIC(最新):745('16/3月)
・応用情報技術者
・基本情報技術者
・普通自動車免許(MT)
・LPICレベル1('16/2月)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。