スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LPICレベル1(102)合格への道のり

先日LPICの102試験に合格することができ、LPICレベル1の取得がようやく完了しました。

スコアは680点でした。
(合格ラインは500)


LPIC試験はテストセンター方式のため、いつでも受けられます。
なので、自分で「これなら合格できる」といった判断をする必要があります。

この判断が非常に難しいため、合格した人の体験記がとても参考になります。


ということで、
私の勉強の記録をメモしておくこととします。

↓↓
------------------
【期間】
・トータルだと5ヶ月くらい勉強していたが最初はダラダラ勉強していた
・本格的に勉強開始したのは試験日の2週間前から


【勉強法】
・ダラダラ勉強していたとき:まずあずき本、スピードマスターを買い、2周くらいやった
 (当時は旧試験であるver3.5だった)
・試験日2週間前からPing-tというWEBページで学習
   ※Ping-t:http://ping-t.com/
 Ping-tにはWEB問題集とコマ問の大きく2つありましたが、WEB問題集のみを実施
 ほぼ毎日10~50問ずつ実施し、最終的な記録は以下のとおり
 全問題を間違えずに解けるようにしておきました
   銅:0
   銀:17
   金:490

 ※Ping-tはLPIC101は無料ですが、102は有料でした
・試験直前は、最初使っていたスピードマスター(ver3.5)の模試を実施
  →正答率78%だったので「合格できる」と判断
 プラスで以前スピードマスター(ver3.5)の過去間違った問題をメモしていたため、そこだけ実施


【補足】
・Ping-tにてsystemdやらjournalctlやらがversion4.0から出るとのことで覚えるようにしていたが、実際には全然出題されてなかった・・・
・最終的に受けたのは新試験のver4だが、ver3.5の参考書を使っていても特に問題はなかった
------------------


ほぼ、Ping-tの力で合格できたように思います。
2chにてPing-tの存在を知ったのがでかかったです。
(もっとはやく気づけば良かった・・・)

Ping-tはLPIC101は無料ですが、LPIC102は有料でした。
2000円くらいですが、それ以上の価値があるかと思います。


LPICレベル1 [ 中島能和 ]

価格:4,104円
(2016/2/27 21:26時点)
感想(0件)



LPICレベル1スピードマスター問題集 [ 山本道子 ]

価格:2,700円
(2016/2/27 21:25時点)
感想(0件)




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ABB

Author:ABB
入社3年目のSE。
日々、自分磨き中。
夢は独立!!

~取得予定~
・セキュリティスペシャリスト

~取得済み資格~
・TOEIC(最高):750
・TOEIC(最新):745('16/3月)
・応用情報技術者
・基本情報技術者
・普通自動車免許(MT)
・LPICレベル1('16/2月)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。