スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こころの処方箋(その1)

けっこう面白い本です!!スイスイ読めちゃいます。
分からない漢字も少ないです

ふたつよいことさてないものよ
この法則は、ひとつ良いことがあると、ひとつ悪いことがあるってことです。
また、何か悪いことがあっても、よく目をこらしてみるとそれに見合う良いことが存在するということも言っています。
人間は、同じ「悪いこと」でも、それを覚悟しているとダメージは低くなるものです。
なので、何か「良いこと」があった場合は、それとバランスする「悪いこと」に備えましょう!!




子どもは法律の壁ではなく、生きた人間にぶつかりたい
子どもは成長するとき、自分を何かにぶつけてその反応から自分の存在を確かめます。
その第一の壁が親で、親によって現実というものを理解することができます。
子どもを怒らない親は子どもの壁になることができず、
壁がない子どもは壁をさがしてどんどん突っ走ってしまいます。
結果として社会的規範を破ってしまうことがあります。
子どもはちゃんと叱ることが大切ですね。


コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ABB

Author:ABB
入社3年目のSE。
日々、自分磨き中。
夢は独立!!

~取得予定~
・セキュリティスペシャリスト

~取得済み資格~
・TOEIC(最高):750
・TOEIC(最新):745('16/3月)
・応用情報技術者
・基本情報技術者
・普通自動車免許(MT)
・LPICレベル1('16/2月)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。